建築意匠設計・建築確認申請代行・設計協力(設計補助・工事監理補助・調査業務補助)・CAD図面作成・CADトレース等

ご依頼・お問い合わせ

受付時間:土日祝日を除く10時〜18時

イメージ

夢想人企画“主にお知らせ”ブログ

T様邸(墨田区)、間取り決定と道路斜線制限



 先日、建主さま、施工会社さまと設計打合せを行い、間取りが決定しました。
 建主さまは、できるだけシンプルなデザインがお好み。

・窓は居室の採光・換気・排煙がとれる最小限のサイズで。
・外壁に凹凸は出したくない。極力立方体にしたい。

 この2点はよいのですが、3階バルコニー(2階の上に設置するルーフバルコニー)の手摺は壁立上がり仕様にしたいとのご希望。
しかし道路斜線制限にかかるので、できれば縦格子手摺(道路斜線制限にかかる高さから緩和されます)で計画したいとご提案するも、横格子なら良いが縦は嫌だ、と。
 うーん。
 バルコニー手摺の横格子は安全上の不安があるし、斜線制限の緩和に該当しないので……。
ここは必殺技「天空率」を繰り出さなくてはならんようだな! でも今回は準工業地域に計画している狭小住宅ということで、敷地目一杯に建てるので、天空率の効果は低い。天空率検討はちょっとだけ面倒で、修正とかする時には死にそうになるので、本当に最終手段なんだよな。特に今回はやっても無駄かも知れない。
 でも、建主さまのご要望をかなえるように最大限の努力をするのが建築士の仕事。やるぜ!

 ……と、作業すること5時間強……かろうじてOKに!

 天空率採用によって、道路斜線制限にかかる部分に緩和が適用でき、建主さまのご希望のとおり、バルコニー手摺は壁立上げにできます。
 正直いって天空率計算してもダメかも知れないと思っていました。ギリギリとはいえOKはOK。

 ミッションクリアです!

T様邸(墨田区)



 なんと、地元砂町の方が弊所ホームページをご覧いただいて、設計監理のご依頼をくださいました。
 またしても狭小住宅なのですが、任せとけ!って感じですわ。
 とはいえ、やはり難しい。約1ヶ月間、あーでもないこーでもないと考え、やっと、建主さまにご提示できるレベルにまでまとまりました。
 面積の大小は関係ない。建主さまにとっては夢を形にする大切なマイホームです。精いっぱいの知恵で設計しています。
 ご満足いただけると良いのだけれど。

新年のご挨拶2020


 明けましておめでとうございます。
 弊所 夢想人企画は、今年、作図業としての開業から7周年、建築士事務所登録から3周年を迎えます。
 これもひとえに皆様のお力添えの賜と、暑くお礼申し上げます。

 本年もご指導ご鞭撻を賜りたく、謹んでお願い申し上げます。

エヌ様邸(中央区)〜中間検査



 7月末に着工したエヌ様邸。軸組と屋根、各階の床下地まで進みました。
 狭小住宅とはいえ三階建てなので建築基準法による中間検査が必要のため、このタイミングで受けました。主に、柱と梁などの接合金物が、確認申請図面通りに施工されているかを検査されます。
 指摘事項はありませんでした。

 この後、外壁と窓を取り付けていきます。
 年内の竣工を目指しています。

2019/10/4〜10/8 臨時休業のお知らせ


 いつもお世話になっております。
 誠に勝手ながら、所内研修のため下記の期間は臨時休業いたします。

 2019/10/4(金)〜10/8(火)

 休業期間中、Eメール、FAX等でいただいた業務資料・見積のご依頼・その他お問い合わせのお返事は翌営業日以降の対応となります。
 よろしくお願い申し上げます。

エヌ様邸(中央区)〜着工



 弊所が設計・監理するエヌ様邸が、7月末に着工しました。

 防火地域の木造三階建の戸建住宅で、もちろん耐火木造。それだけならなんということはないのですが、写真をみていただければ解るように、小型ユンボが入るので限界の狭い敷地。
 間口が3メートルにも満たない22.5平米の敷地目一杯に計画しても(商業地域かつ防火地域内の耐火建築物なので、許容建ぺい率は100%までOKです。実際には、地区計画も定められているし、外壁に換気口が必要だったりと、100%は無理ですけれど)、思いっきり狭小住宅です。
 しかも軟弱地盤で、鋼管杭工法による地盤改良が必要。
 そんな事で、ご依頼をいただいた工務店様から提示された当初の間取り案は実現できず、細かい部分で設計にかなり苦労した物件です。色々と勉強になっています。
 ともかく、工事を始められるまでになってよかったです。あとは、無事故無災害で竣工を迎えられるように願うばかりです。

エスキス用紙



 設計の初期段階で検討用に描くラススケッチ、特に間取りや寸法確認のためのそれをエスキスと呼んでいます。
 ラフなので用紙はなんでも良いし、「思いつき」や「ひらめき」があるので、メモ用紙や打合せ中の資料、チェック中の図面の片隅みに描いてしまう事もすくなくありません。
 それはともかく、一応、エスキス用紙みたいな物も市販されています。まぁ、ただの方眼紙ですけれど(笑)。

 ただの方眼紙ならば……。はい、弊所では「自作」しています。
 たいそうなものではありまでん。CADで縦横等間隔に点を打った書式を作り、プリントアウトするだけです。印刷損じ(いわゆる「裏紙」)も活用できます。
 在来木造住宅用(尺モジュール)の9.1mmピッチとメートルモジュール用の10mmピッチ。それぞれにA4とA3のフォーマット(CADデータ)を用意して、都合4種類。必要分がなくなったらプリンタ出力して使います。
 5ミリ方眼紙なら百円ショップでも売っていますが、尺モジュールの方眼用紙なんて専門店じゃなければ売っていません。
 また、「どうしても罫線にこだわる以外の無地用紙なら、ノートを買うよりコピー用紙のほうがメモ用紙としてははるかに安い」というのは文房具マニアあるあるですね。それの応用です。

広報紙「あぶすとらくと3G」バックナンバーをWeb公開


 弊所広報紙「あぶすとらくと3G」第2号の発行に合わせて、バックナンバーをWeb上で公開する事にしました。
 今後、新号が発行された時に、それ以前の号を順次追加していきます。

 なお、最新号は、お取引き先様などへの紙媒体で配布のみです。ご了承ください。

 夢想人企画広報紙「あぶすとらくと3G」バックナンバー公開ページはこちら

広報紙「あぶすとらくと3G」第2号



 弊所広報紙「あぶすとらくと3G」の第2号が完成しました! 前号から半年ぶりです。
 前号同様、紙媒体での実物配布にこだわります。
 バックナンバー(第1号)は、近日、こちらのサイトにも掲載します。
 どうぞよろしくお願いいたします!

設計管理業務報酬基準が改正……でも弊所は従来通り実情に添った安価な見積で据置き


 誇大広告っぽい煽りタイトルと思われると心外ではありますが(笑)。

 本年、久々に国土交通省が定める「建築士事務所の開設者がその業務に関して請求することのできる報酬の基準」通称「設計監理業務報酬基準」が改定されました。
 我々設計事務所が、報酬を算定する拠り所の総本山です。

 しかし、多くの設計事務所ではこの通り算出した金額で契約しているわけではありません。だからといって、もちろん丼勘定でもありません。
 業務報酬基準は必ずしも実情には合っていないからです。

 弊所は木造戸建住宅規模の、比較的小規模な案件をメイン業務にしているので、業務報酬基準の計算のままだと不相応に多い設計監理料金になってしまいます。
 そのあたりも考慮して、業務報酬基準を基にして個別に精査し(まず、業務報酬基準よりは低額になります)適切に設計料、工事監理料を算出しています。

 特に、ひとり親方大工や工務店等の施工者様主導の物件で、その施工者様からのご依頼で設計監理をお受けする場合は、施工者様との協力体制かつ業務分担も加味しての設計監理費用低減もしております(ex.基本設計料をゼロにする。監理項目を必要最低限に抑える。など)。

 誠実で親切丁寧。夢想人企画をぜひご検討ください。