建築意匠設計・建築確認申請代行・設計協力(設計補助・工事監理補助・調査業務補助)・CAD図面作成・CADトレース等

ご依頼・お問い合わせ

受付時間:土日祝日を除く10時〜18時

イメージ

夢想人企画“主にお知らせ”ブログ

建築知識2017年12月号



 今月号の建築知識。建築基準法を擬人化って……(笑)同誌では以前にも建築基準法を四コマ漫画で解説とかあったけれど、ここまでやるとは。
 猫特集といい、今年は攻めてくるなぁ。
 建築知識は定期購読便が透明のビニル封筒で届く。郵便受けの中に入っていた時、広告DMだと思って捨てる気になったぞ。マジに(笑)。


建築士定期講習



 先日、建築士定期講習を受けてきました。弊所は今年建築士事務所登録をしたので、それまでフリーランス建築士だった相田は、初めての定期講習体験でした(“建築士事務所に所属する建築士”に3年毎の受講が義務付けされている)。
 テキストは、近年の建築関係法令改定事項を中心に掲載されていて、今後の実務でも参照できそうな内容です。
 講義の後に終了考査があり、その合格で終了と認められます。当日の講習テキスト持込み可で○×式35問なので難しくはないのですが、丸一日拘束されるのは疲れます。
 建築士事務所登録から既に半年経過している事もあり(苦笑)、修了証が届くのを今後数週間も待っていられないので、当日に合否判定と修了証をもらえる講習機関で受講しました。終了考査が終わって15分後には無事、修了証をいただきました。


環境アレルギーアドバイザーに合格



 先日受験した環境アレルギーアドバイザーの合格証書が届きました。
 そんなに難しい資格ではありませんが、仕事と並行での勉強でなかなか時間が取れなかったし、歳とともに物覚えが悪くなってきていますから(笑)、合格証書が届くまでは落ち着かない日々でした。

 少ない時間での準備でしたが、公式テキストはわかりやすくて、スラスラと覚えられました。
 また、この試験勉強中は、食物アレルギー等、日常生活において知っていて損はない事柄や、建築設計とも切り離すことが出来ないシックハウス症候群及び化学物質過敏症について、再確認できる良い機会にもなりました。

 今後は、環境アレルギーアドバイザーとして、建築物の企画・設計・監理の業務に活かしたいと思います。


JW-CAD for Mac


 Jw_cad (通称JW 又は JWW) は、言わずと知れたMS-DOS版の時代から歴史ある無料の高機能2D-CADソフトで、建築設計業界(特に住宅設計)では広く使われている勢力のひとつとなっています。
 弊所でメインで使用しているCADも、このJw_cadです。
 使い慣れているし、また利用者も多く、事実上の業界標準CADのひとつなのですが、Windows版しかないのですよねぇ(笑)
 実は、弊所ではCAD以外の業務はMacで行なっている事も少なくありません。その日の業務予定によっては、Windowsは起動せず、Macだけという日もあります。
 そんな時、JW図面をちょっと確認したいだけの時に、いちいちWindowsを起動するのは……とまでは言いませんが、少しでも時間短縮し、手軽に処理したいと思うのは、ごく普通の事だとも思います。

 そんな時の救世主! なんと、JW-CAD for Macなるものがあるのですよ!
 知らなかった。いつ公開されたのだろう。

続きを読む »


連休中も密かに? 仕事をしております


 世間では大型連休の真っ最中らしいですが、弊所はこっそり仕事しております。
 新規業務のご依頼等には対応しておりませんが、継続案件を進めておかなければならないためです。まぁ、偉そうに言うほどの業務量ではなく、まったりとやっております(笑)

 建築士事務所になって三ヶ月。おかげさまで設計業務も受託させていただき、現在履行中です。
 建築確認や図面の設計者欄に自分の名を記して押印する。身の引き締まる思いです。


管理建築士講習修了証


 先月(東京では54年ぶりの11月積雪の日)に受講した管理建築士講習の修了証が届きました。
 あの講習及び試験の内容で不合格はないだろうとは確信していましたが、修了証が届くまでのこの1ヶ月の間は、やはりなんとなく落ち着かないでいました。これで心底安心です。
 もう、いつでも建築士事務所にすることができます!
 今まで建築士事務所じゃなかったのかよ!? などと仰らないでください。弊所は「設計補助」や「図面作成」を業務とするデザイン事務所です(当Webサイトの各所に明記してあります)。もちろん建築士法等に反する運営はしておりませんのでご安心ください(笑)

 弊所にとっては数日遅れの、しかしとても大きなクリスマスプレゼントになりました。

 これを機に、改めて身を引き締めて業務に励む所存です。
 来期の夢想人企画は、これまで以上の大成長となるでしょう(?)

 今後ともご指導ご鞭撻を賜りたく、何卒よろしくお願い申し上げます。
 どうぞ良いお年をお迎えください。


管理建築士講習を受講


20161129_kanri
 先週、管理建築士講習に行って来ました。

 あの耐震偽装事件の影響で平成20年に建築士法が改正されたことにより管理建築士になるための要件が強化されて、この講習を修了しないとなれなくなりました。それ以前は建築士なら届出だけで誰でもなれたんですけれどね……。
 愚痴っていてもしょうがない。管理建築士がいないと設計事務所(建築士事務所)にできません。弊所のような微弱な個人事業主では管理建築士を雇う資金力なんかありませんから、自らがなるしかないのです。
 そんなわけで、行って来ましたよ。東京では54年ぶりの11月積雪という、あの日に(笑)。

 講習機関によってはDVD講義のところも多いようですが、私が受講したところは、ちゃんと講師の先生が登壇されての対面講義。内容もよく理解できました。
 9時半から16時まで、みっちりと講習です。主に建築士法と関係法令について、建築士及び建築士事務所の役割や義務などを再勉強。
 その後、修了考査。試験です。1時間で30問の丸バツ式問題。試験中は講習テキストを見て良いので楽勝でした。複雑な引っ掛け問題もなく、これで不合格だったら建築の実務をやっちゃぁいけないってくらいのレベルでしょう。
 修了考査は簡単だったけれど、まる1日軟禁状態での講習会は苦痛でした。ほとんどが常識的な事項の復習みたいな講義内容だったとはいえ、200ページ以上を1日で頭に詰め込むんですからねぇ。おまけに外は雪だし。
 二度と受けたくないです。

 合否の通知は約1ヶ月後。大丈夫だとは思いますが、やはりちょっとモヤモヤしつつ待っています。


屋号で銀行口座を開設


 昨年末、屋号名義で銀行口座を作りたいと思いちょっと調べたところ、現在はどこの銀行も、個人事業主が屋号のみで口座を作ることはできないようです。
(ネット検索では「できる」と書かれているところもありますが、ちょっと古い情報ばかり。オレオレ詐欺などの振込指定口座に悪用されたりしたから銀行業界で規制されているんだとかなんだとか。なるほど)
 でも、手段はあります。別に怪しい裏技ではありません。

続きを読む »


JW_CADが1年ぶりのアップデート


 弊所でも業務のメインで使わせていただいている JW_CAD が、約1年ぶりにアップデートされてVer8.01が公開されました。

最新バージョンの変更点

◆Version 8.01 での変更点は以下のとおりです。(2016/02/28)
・高いDPI認識に対する対応を行った。
・タッチ操作の仕様を以下の通り変更した。

・タッチ操作を開始するとクロスライン表示となる。
・タッチ後、ゆっくりスライドすると、クロスラインが追従し、指を離したポイントが指示点となる。
・タッチ直後にすぐにスライドすると、クロックメニューに移行する。
・2本指でタッチする(ピンチイン・ピンチアウト)と、1本指に戻したのちも画面スライド状態となる。
・3本指でタッチしてすぐに離すと、右クリック⇔左クリックの切替となるようにした(暫定対応)。

・Vistaで画像を含んだデータを表示する場合、Direct2Dを使用しないようにした(実機では未確認)。

・Direct2D表示のとき、目盛の点が最後に書いた線色・文字色で表示される現象を回避した。

・範囲選択後の”基準点変更” 右クリック直後に基準点が表示がされないことがある現象を回避した。

 RetinaディスプレイのMacBookでJW_CADを動かすこともあるので(笑)、それに対応してくれたのが一番嬉しいです。
 しばらくはサブ機で試してみて、問題がないようでしたら、本格的に業務でも使うようにします。


確定申告


 毎年この時期にやらねばならない、確定申告。本日やっと、書類を作成し終えました。

 弊所代表は、自慢じゃないけれど少なくとも一ヶ月以内には帳簿をつけるくらい几帳面なので。決算書はすぐに作れます。
 今は国税庁のWebサイトで入力していけばすぐに申請書PDFができあがり、それを提出すればおしまいです。基本的には。
 あとは控除を受けるための書類を再確認したりちょっとした計算をするだけとはいえ、それでも半日はかかりますよね。
 ひとりしかいない個人事業主経営の弱小事務所なので、仕事が詰まっている時の半日は貴重なのです。

 ともかく、確定申告。あとは印刷して封筒に入れてポストへ投函するだけです。
 なんとか間に合いました。